睡眠時間が短く睡眠の質も悪い日本人は寝酒に頼りすぎ

日本人の睡眠時間の短さは世界でもトップレベルであることが知られています。日米仏3国での調査によると、日本では睡眠に対する満足度も低く、日中のパフォーマンスも劣っていることが分かりました。

サイトトップ > 睡眠時間が短く、睡眠に対する満足度も低い日本

スポンサードリンク

睡眠時間が短く睡眠の質も悪い日本人は寝酒に頼りすぎ

睡眠時間が短く、睡眠に対する満足度も低い日本


平日の睡眠時間は、アメリカやフランスでは平均7時間でしたが、日本では6.5時間で30分も短いことが分かりました。


また、平日の睡眠時間が6時間未満の人の割合は、アメリカの12.5%、フランスの10.2%に比べて、日本では19.8%と多くなっています。


これまでにも言われてきたように、日本は世界でもかなり睡眠時間が短い国です。睡眠の質に満足している人の割合は、日本が44.7%、アメリカが59.4%、フランスが61.1%でした。


日本人の睡眠に対する満足度は、アメリカ・フランスに比べてかなり低いことが分かります。また、睡眠の質に不満がある人の割合は、日本が36.0%、アメリカが34.1%、フランスが27.7%でした。どこの国でも3〜4人に1人は、睡眠の質が悪いことになります。


一方、睡眠時間が長いからといって、必ずしも睡眠に満足している訳ではありません。アメリカでは7〜8時間睡眠の人の68.9%、8〜9時間睡眠の人の74.7%が睡眠に満足しています。フランスでもそれぞれ、61.4%と73.1%でした。


ところが、日本で睡眠に満足している人の割合は、7〜8時間睡眠の人の53.0%、8〜9時間睡眠の人の54.8%しかいません。日本人はアメリカ人やフランス人に比べて、睡眠に対する要求が高いのでしょうか? そうでなければ、日本では睡眠時間が長い人でも、睡眠の質が悪いのかもしれません。


睡眠時間が短く睡眠の質も悪い日本人は寝酒に頼りすぎ

MENU



スポンサードリンク